家族葬は亡くなったときから始まる

家族葬で大事なことは、あとから揉めたりしないようにコントロールすることにあります。お亡くなりになられた瞬間から、判断を誤らないようにするのがポイントになってくるでしょう。なぜならば、亡くなったことをどこまで知らせるのかといったことで、家族葬が成立しないような事態を招くからです。

危篤になられた段階で、多くのところに連絡を入れていくことにもなります。ですが、この時に平静でいられるのかといえば、そんなことはありません。落ち着いて対処もしていかなければいけませんが、だれに連絡をするのか、事前に決めておくことが重要です。特に最後のお別れをしてほしい方には、しっかりと連絡する必要があるでしょう。ここで連絡をする方は、そのまま家族葬でもお声がけすることにもつながってきます。

ここでお別れして、家族葬ですのでお断りしたいといったことを伝えるのもできますが、そこまでの関係であれば、お話しをしてみる方がいいでしょう。逆に完全に家族で行うというのであれば、徹底的に知らせないという方法もあります。亡くなってから連絡をして、家族葬として執り行うことを連絡するといった流れにもなってきますが、揉めそうなときには早めに家族葬でおこなうことを伝えてしまう方が得策です。理解してもらうことも重要なことになってきますが、だれか一人に連絡をして、家族葬にすることを話し、伝言してもらうといった方法も取れます。

亡くなった要因はいろいろとあるはずですが、近所の方に知られたくないときには、専用の安置施設を借りる手配をするといいでしょう。場所を異なるところにしてしまえば、知られるようなこともありません。家族葬として成立しなくなる要因に、近所の方が大挙してしまうといったことがあります。ありがたいことではありますが、大事な場面で揉めてしまう要因ともなるため、葬儀社に相談して用意を進めておくのもいいでしょう。自宅に運ぶとしても、時間の調整をうまくコントロールしてもらうといった方法もあります。深夜や早朝であれば、問題はないというときには、時間の調節も考えておくといいでしょう。