家族葬の対象の絞り込みと問題点

家族葬とは何かといえば、単純に違いは参列の対象者だけです。いろいろなことが言われますが、大きな違いはここしかありません。さまざまなかたちにすることができますが、家族葬にすることによって、故人の家族、身近な親族、本当に近かった友人といったところに限定しています。この範囲も明確なわけではなく、親族までお断りして、家族のみにするのも珍しくありません。友人もかなり近い数人のみに絞り込んだりする程度のあいまいな表現です。

ですが、あいまいではありますが、コンパクトなお葬式にまとめていくという共通の理念が存在し、不特定な参列者を招かないということになってくるでしょう。さまざまなお葬式のスタイルが生まれてきましたが、この定義で考えれば、多くの葬儀の選択肢が家族葬ということにもなっていきます。

実際の問題として考えた場合、余計なことはできるだけ排除できます。家族や親族だけに絞り込めますので、費用は格段に抑えられるでしょう。葬儀社のスタッフも少なくて済みます。参列者の人数が容易に確定することになるため、返礼品の数量も変動させたりする必要がなくなるでしょう。何事も出費を最低限で抑えられるようになるのは、大きなメリットです。これは通夜振舞いといったところにも影響しますし、場所の問題にもかかわってきます。コンパクトにできるのは人数も少ないからです。

大事なポイントとして、参列者を限定することによって、だれを呼ぶのか取捨選択しなければいけなくなることでしょう。当然呼ばれなかった場合は、トラブルを起こしてしまう可能性が出てきます。だれが親しいのか、残された遺族で判断しなければいけません。ところが、本人たちの意識と共通するとは限らないでしょう。最悪のケースとして、大きな揉め事に発展することも出てくるのです。これは友人だけではありません。親族をのぞくようなケースもあります。当然のことですが、友人や知人といった属性の人よりも、揉めてしまう可能性は高くなってしまうでしょう。いろいろと気をつけていかなければいけませんが、理解いただけるような手配が必要になってきます。